神社調査員

 今日の更新は2ページ。港区の熱田社(宝神町会所裏)、港区宝神町の宝神社
『尾張志』では八劔稲荷相殿社になっているのがどうして単独の熱田社になったのだろう。それが引っかかっている。『尾張志』の八劔稲荷相殿社と今の熱田社は別の神社という可能性はあるのか。
 神宮寺新田の熱田社も同じパターンなので、何かきっかけや理由があったのだと思う。
 宝神町の宝神社に関しては何も分からなかった。こちらは継続調査ということにしたい。

 私と相棒は自分たちを神社調査員と称している。他の誰も称していないので自分たちで勝手にそう呼んでいる。
 まだここまでは第一段階で、これに現地での聞き込み調査結果が加われば、このサイトは立派な資料になると思う。今はまだ半分でしかない。半分の状態ではまだ資料とは呼べない。
 とりあえず第一段階は9月で終わらせたいけど、調査はその後も続く。それは何年かかるか分からない。終わりはないといえばない。
 いつか本物の神社調査員になれるといい。

スポンサーリンク

2件のコメント

    1. >のみぴょんさん

       神社Gメン’18とかでもいいですよ(笑)。
       のみぴょんさんは詳しそうだから、強力な助っ人として活躍してくれそうです。
       どこかの神社でお会いするかもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up