基本スタイルの確立

 今日の1ページは中区新栄の大杉大神
 正徳寺の鎮守であろうことは分かったけど、清洲時代から祀られているのか名古屋城時代からなのかは調べがつかなかった。
 祀られている神にしても、大杉大神と龍神と稲荷神との関係がよく分からない。
 そのへんのことは聞き込み調査をすればもう少し情報が得られるのではないかと思う。

 見切り発車で始めたこのサイトも、すっかり構成のスタイルが固まった。いいことでもあるけど、もう少し柔軟でもいいのかもしれない。
 基本的に参照するものとしては、『愛知縣神社名鑑』、『尾張志』、『なごやの町名』、今昔マップあたりで、『寛文村々覚書』や『尾張名所図会』なども必要に応じて引用している。
 最近はネットのアップ情報はあまり参考にしていない。貴重な情報もあるのだけど、まずは基本となる史料から知り得る情報を優先して、ネット情報は補足くらいに考えている。
 初めの頃は手探りで、参照していなかった史料などもあるので、前半のページについてはかなり直さないといけないはずだ。直しにどれくらいかかるのか、見当がつかない。今はまだあまり考えないようにしている。
 それが終わったら、別の史料を参照して追記していくことを考えている。
 聞き込み調査をやるとしたらその後だ。
 同時に、情報が向こうからやって来てくれるのを期待して待つ。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up