市外の人にも海外の人にも

 一日1ページずつ書いていたのが途切れて、書かないことが普通になりつつある。ちょっとまずいと思いつつ、今週は辛抱だ。来週からは再開したいと思っている。
 裏の作業もできない日があって、サイト作りが停滞しているのは間違いない。そうこうしていたら9月も後半になっていた。
 残りの神社は50社はあるだろうから、10月中に終わらないことは確定した。

 ここのところアメリカからのアクセスが増えている。今週に限っていれば、全体のアクセス数の約1割がアメリカからのアクセスになっている。
 まったくの謎で、正規のアクセスではないのかもしれないけど、ちょっと気になるところだ。
 アメリカ人に限らず名古屋を訪れた外国人が名古屋の神社を訪ねるときの参考になればいいのだけど、まず翻訳のボタンに気づいてくれるかどうかが問題だ。
 名古屋市外から訪れる国内の人たちのことももう少し考えないといけない。現状ではデータベースとしての用途は果たせても、神社めぐりの参考とするには最初の取っかかりがなさすぎる。
 まずはオススメ神社30社として案内することで取っかかりにしてもらうのがいいかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up