熱田台地北西部のこと

 二周目の直しは中区の那古野神社

 かなり修正が必要だったので大幅な加筆訂正をした。
 名古屋天守貝塚や三の丸遺跡のことは知らなくて、今日初めて知ったので、それを踏まえての書き直しの部分もあった。
 同時に若宮八幡社についても一部修正した。

 熱田台地北西部に縄文時代から古墳時代にかけて人が暮らした痕跡があるとすれば、それが若宮や八王子、山神、天神などにつながった可能性が高い。醍醐天皇が天王を祀るように勅命を出したというのもその流れがあったからだろう。
 これまでずっと分からなかった熱田台地北西部が少しだけ見えてきた。
 リニア新幹線の工事の中であらたに遺跡が見つかるかもしれないと期待している。
 文献研究と遺跡発掘の考古学と両輪でいかないと真実は見えてこない。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up