氷上姉子神社という謎

 二周目の直しは、緑区の玉根社朝苧社御嶽社(大高町元屋敷)秋葉社(大高町東古根)石神白龍大王社

 氷上姉子神社の複雑さと難しさは、関連社である玉根社、朝苧社にも出ていて、広くいえば石神白龍大王社も関連社ということになる。
 火上山、斎山、姥山とは何なのかというところから紐解かないと、氷上姉子神社を理解できることはできない。
 ミヤズヒメは実在したのか。本当に火上山に屋敷を構えていたのか。草薙剣や尾張氏との関係はどういうものだったのか。
 解き明かすべき謎は多く、その奥は深い。熱田社と同じくらい難しいといっていい。
 言い方を換えれば、氷上姉子神社を解き明かすことができれば、おのずと熱田社の姿も見えてくるような気もする。