丸三年も通過点

 神様事典【名古屋編】の追加。安徳天皇

 源平合戦の最初から最後まで書けばそれは長くなる。安徳天皇そのものについての記述が少なくなってしまったかもしれない。
 神様事典を作り始めたときからするとずいぶん遠くに来てしまった感がある。最初から書き直すとなると、これまでかかったのと同じくらいの手間と時間がかかりそうだ。
 そんなことを考えるとちょっと絶望的な気分に襲われるので、まずは先だけを見て完走を目指したい。
 安徳天皇前後の歴史的な流れが掴めたのが今回一番の収穫だった。書いていて楽しい回だった。

 そういえば丸三年経っていたことを忘れていた。始めたのは2017年の2月初めで、1日だったか2日だったか。
 途中で少しやめたくなったり、ときどき休んだりもしたけど、3年間こうして続けてこられたことは自分の財産になった。
 情報をもたらしていただいたり、励ましてもらったりしてここまでやってこられた。
 3年後も続けていられるかといえば自信はないけど、やれるところまでやろうとは思っている。今のところやめる理由もない。まだまだ書かないといけないことはある。

 次は村上天皇を書く予定でいる。村上天皇についての知識はほぼゼロなので、一から調べて勉強しないといけない。アップするのは2、3日後になりそうだ。