未分類

 神様事典【名古屋編】の二周目の直し。昨日から天児屋根命をやっている。
『古事記』、『日本書紀』から該当部分を書き出すだけなら簡単なのだけど、天児屋根命と中臣をつなぐ線を考え始めるととたんに難しくなる。
 中臣の出自や ...

未分類

 神様事典【名古屋編】の追加。妙見菩薩。
 これまで少しもやもやしていた妙見信仰が自分の中ですっきり整理できた。読んだ方もそうなってもらえるといいのだけど。
 最後までちょっと分からなかったのは、どうして天部なのに菩薩 ...

未分類

 神様事典【名古屋編】の牛頭天王の下書きまでやった。そこで時間切れ。
 明日もう一度読み直して手直しする。
 なんとかまとまったと思うけどどうだろう。

 ところで、神様事典ページのテーブルが横幅一杯に表示さ ...

未分類

 神様事典【名古屋編】の追加。道祖神。
 道祖神については以前から気になっていて、実はよく分かっていなかったので、今回勉強してみて分かったことがいろいろあった。
 名古屋の洲嵜神社で道祖神を祀っていることは本編にも書い ...

未分類

 二周目の直しは、港区の熱田社(福屋)、神明社(畑中)、神明社(福前)、八幡神社(港陽)、小社(新茶屋)、秋葉社(六軒家)。

 このあたりは港区の最終でやったところなので直すところはあまりなくて、一気に進んだ。港区の直しは ...

未分類

 二周目の直しは、港区の神明社(正徳町5)、神明社(小碓)、神明社(明正)。

 港区は江戸時代以降に新造した土地だから、基本的に神社はそれ以降に創建されたものだ。新田開発をして、そこで祀る神だから神明社が多い。数えたことは ...

未分類

 二周目の直しは、港区の八劔社(土古町)、入場神社、竜神社(川間町)、龍神社(本宮町)。

 港区は全体的に直す部分は少ないのだけど、一部明らかに間違えているところがあって、そういう部分を見つけると少し冷やっとする。間違いを ...

未分類

 二周目の直しは、中川区の神明社(中野新町)。

 もともと中川区はまったくといっていいほど土地勘のないところで、神社めぐりをする中で多少なりとも地理を把握できるようになって喜んでいたのだけど、2年も経つと忘れてしまったこと ...

未分類

 二周目の直しは、中川区の須佐之男社(柳川)。

 なんだかよく分からない神社で、引っかかるところがあってそこに引っかかってしまって本質を見失った。
 本当に堀川と関係があるのだろうか。
 津島神社の渡御云々 ...

未分類

 二周目の直しは、瑞穂区の八幡社(東栄町)、秋葉神社(瑞穂通)、神明社(中山町)。

 瑞穂区の神社はなんとなく捉えどころがないというか、全体の印象がまとまらない。いろいろな神社があって、没個性的というわけでもないのだけど、 ...