Googleウェブサイト翻訳を試してみる

 今日の1ページは港区本宮町の龍神社
 なかなか強烈な気を放っている神社だ。拝殿をくぐった先で急に空気が変わる。
 いろいろ神社を回っているけど、龍神を祀る神社は特別というか特殊な気を出しているところが多い印象がある。
 個人的には大らかで心安らぐ山神社の空気感が好きなのだけど、龍神社には龍神社のよさがあって、この本宮町の龍神社にもそれがあった。
 港区でちょっといい神社ない? なんて訊かれたら教えたくなる神社だ。

 Google翻訳のボタンを設置してみた。アクセスカウンターの下に。
 このサイトを作り始めた当初から多言語化はやってみたいことのひとつだったのだけど、調べてみると難しすぎて断念した。
 けど、google翻訳ボタンを作ってそれを設置すればいいことを知ったので試しにやってみることにした。
 Googleのサービスのひとつで、ウェブサイト翻訳ツールというものだ。
 https://translate.google.com/manager/website/?hl=ja
 ワードプレスだけではなくwebサイトでも、ブログでも使える。
 言語は100種類以上と無駄に多いので、選択して絞り込んだ方がいいと思う。とりあえず英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語をセレクトしておいた。
 試したところ、精度は正直低い。神社サイトということで専門用語もけっこう出てくるから正確さはあまり期待できない。
 とはいえ、外国の人が何かのきっかけでたまたま迷い込んできたとき、母国語で書かれていれば多少なりとも内容を理解してもらえるはずで、まったくの無駄ではないと思う。
 翻訳の精度については私にはどうすることもできないので、Googleに今後頑張ってもらおう。
 まだ実感はないけど、今日、名古屋神社ガイドは世界に向かって扉を開いたといっていいかもしれない。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up