『愛知縣神社名鑑』が欲しい

 今日の1ページは、港区の築地神社
 築地口にあって、マピオンやGoogleマップには築地口神社と表記されているけど、神社の石柱には築地神社とあって、どちらが正しいのだろうと思っていたのだけど、愛知県神社庁のページに築地神社とあるから、やっぱりそちらが正式名なのだろう。
 昭和にできた新しい神社ではあるものの、ロケーションや雰囲気でオススメ度は**にした。なかなか悪くない神社なのだ。

 愛知県神社庁が出している『愛知縣神社名鑑』という本がある。
 ネットなどには出ていない神社の由緒が書いてあって、神社サイトを作るにはぜひとも手元に置いておきたい一冊だ。
 しかし、高い。1万9,000円もする。さすがにそこまで出して買いたいとは思わない。
 鶴舞図書館に置いてあるのだけど、貸し出し禁止なので館内でしか見ることができない。
 この神社サイトが完成した暁には、ご褒美として愛知県神社庁が進呈してくれないだろうか。してくれないだろうな。
 地道に『尾張志』や地域の郷土資料とかに当たるしかないか。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up