ビッグネームにまどわされない

 今日の更新は2ページ。中村区の奥常稲荷社八幡社春日社合殿
 稲荷社と御嶽社が合体しているパターンはあまりない気がする。龍神社と御嶽社は合体しがちだけど。
 稲荷社というのも、実は分かりやすいようで分かりづらいところがあって、五穀豊穣や商売繁盛を願って建てたなどという単純なものではないので、簡単に理解した気になるのは危険だ。
 個人的にはあまり深く踏み込みたくないという気持ちがある。

 八幡社春日社合殿は、秀吉、清正というビッグネームが出てきてかえって分かりづらくなった。ふたりはまったく絡んでいない可能性もある。
 清正は戦が強かったというイメージから八幡社と結びつけられがちだけど、清正が八幡社を創建したとは思えない。秀吉と八幡社とは結びつかない。
 神社も自分たちの権威を高めようと、有名なビッグネームを持って来がちなので、神社が言うことをそのまま信じてはいけない。