ただの一日

 今日の1ページは中川区前田西町の不明社
 一年最後の大晦日に不明社って、と思うのだけど、この神社サイトに関しては年末年始も関係ないので、いつものように一日1ページか2ページを淡々とやっていくことになる。終わりはまだ見えないけど、続けていればいつかは終わる。名古屋が終われば市外、愛知県が終われば県外へ出るだけだ。つまり、永遠に終わりはないということだ。少なくとも寿命の方が先に来る。
 今年も一年お世話になりましたという挨拶もないまま何気なく年を越して次の年が始まる。
 一年の始まりは大切というけれど、大切じゃない日は一日もないわけで、1月1日だけが特別大切というわけでもない。
 明日も普通に中川区の続きをやるだけだ。