商売下手な神社

 今日の1ページは東区の七尾神社
 名古屋三大天神に比べるとぐっと地味な天神社で、知らない人も多いと思う。
 創建にまつわる亀の話などは面白いし、もう少し知られていてもいい神社だろうに。
 それとも、受験生の親御さんの間ではよく知られている神社だったりするのだろうか。

 商売上手な神社と商売下手な神社がある。
 天神社でいうと前者の代表は上野天満宮で、後者は七尾神社ということになるだろう。
 あまりにも儲け主義に走ると神社としての説得力が弱くなる気がするけど、まずは知ってもらって参拝に訪れてもらわないと始まらないとも言える。その加減が難しい。
 山田天満宮はその中間で、特別な宣伝はしないけど評判が評判を呼んで適度な参拝者が訪れるという恵まれた神社だ。境内社の金神社の存在も大きい。
 東京へ行くと、境内を月極駐車場にしているところもあって驚く。神社経営も大変らしい。
 金銭的なことを考えると、どの神社も社格が少しでも上がるように働きかけたり、式内社の地位にこだわったのも理解できる。
 賽銭メインでやっていけるのはごく一部の有名神社に限られる。ただ、大社ほど維持費も大変だから、やはり寄付とかがないと社殿の修造もままならないということになるのだろう。
 お金にきれいでいることは、人も神社もなかなか難しいといったところか。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up