始めてよかったと初めて思った

 今日の1ページは、北区の八王子神社春日神社
 普通にその神社の存在を知って、普通に参拝して、報告がてらブログに写真を載せて、簡単な説明文を書くというだけでは知り得ないことがたくさんあることを、この神社サイトを始めてよく分かった。
 八王子神社春日神社なんて(なんてなどという言い方は失礼なのだけど)、全然たいした神社と思っていなかった。なんだ、この合併した長い名前の神社は、くらいの認識でしかなかった。何度か前を通ったことがあったのに立ち寄りもせず素通りしていたくらいだ。
 この神社サイトを始めてよかったと、ここ数日初めて思った。まだまだ名古屋の神社の全体像を把握するというには遠く及んでいないけど、始める前と今とでは理解度がかなり違ってきている。このサイトを始めなければずっと無知なままだった。
 若宮八幡社が本当に孫若御子神社の可能性があるのかどうかをもう一度考える必要がある。若宮八幡のページは作り始めて間もない頃に書いたので簡単な紹介文で終わっている。ページは全面的に書き直さなければいけない。
 ずっと先送りにしていた熱田神宮関連も、ぼちぼち重い腰を上げなければいけないようだ。氷上姉子神社に行ってからと思っていたけど、まずは書けるところから書き始めて、おいおい全体像に迫っていく方がいいかもしれないと思い直した。
 正直、熱田神宮関係はすごく難しい。事情が込み入っていて、簡単には理解できない部分がある。名古屋の神社の最大の謎といっていい。
 ただ、少し見えた部分があって、それはここまでこのサイト作りをしてきたからに他ならない。
 熱田神宮関係の神社を理解するポイントは、古代の地形と古墳と神社の位置関係にあると見た。
 ああ、しかし、考えると気が重い。書きたいけど考えなくない。最近、夢の中でも神社サイトのページを書いている。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up