理解は大切だけど深入りしすぎないように

 今日の1ページは南区の石神社
 女性の願いをひとつだけ叶えてくれるという三重県鳥羽市にある石神さんと関係があるのかと思ったら全然なかった。でも、願掛けをすると叶うという民間信仰に基づくという意味では共通項がある。
 神社は格式や神階が高いほどいいと思いがちだけど、必ずしもそうではなく、こういう小さな神社にも歴史があり、よさがある。特にこの石神社は、ちょっといい神社として紹介したくなるところだ。すごくいいと思って行くとがっかりするかもしれないけれど。

 本編の中でも少し触れたけど、社宮司神社というのもよく分からない神社だ。謎を解く鍵は信州諏訪にあるのだろうけど、それだけでもなさそうだ。
 修験系や民間信仰系の神社はあまり深入りしたくない気持ちがある。追求しすぎるのも神社紹介というサイトの趣旨から外れてしまう。もちろん、書く書かない以前に書き手である私がきちんと理解しているに越したことはないのだけれど。
 星﨑あたりの神社は隕石というキーワードがある。次に書く予定の星宮社にも関わってくるし、隕石を祀っていた呼続神社もそうだ。
 南区の神社が少しずつ分かってきた。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up