熱田は周辺から

 今日の1ページは熱田区の八劔社
 八劔神社系は、熱田神宮の八剣宮から勧請したところが多いから、大部分は名古屋市、愛知県に固まっているのだけど、関東と関西にも数社あって、九州にも10社ほどあるようだ。
 祭神は必ずしもヤマトタケルというわけではないところをみると、すべてが熱田神宮の八剣宮絡みというわけではなさそうだ。
 ちょっと意外に思ったのが、出雲地方にはないということだ。八と剣というとヤマタノオロチが連想されるのだけど、どうやらそうではないらしい。草薙剣はもともとスサノオがヤマタノオロチを退治したときに手に入れたものだから、もう少し出雲と関係があってもよさそうなのに。
 八劔の八は、数字の八ではなく弥(や/いや)から来ているのではないかという説がある。そのあたりのことは熱田神宮の八剣宮のところで書こうと思っている。
 熱田神宮関連は、周囲から攻めて本丸は最後ということになりそうだ。少しずつでも理解を深めていかないと、本体は太刀打ちできない気がする。
 この前、もう一度熱田神宮に参拝して、摂社も含めてほぼすべて回り直してきたので、いつでも書ける状態にはなっている。自分の中でいけると思ったら八剣宮その他の熱田七社に取りかかりたい。いまはまだ機が熟していない。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up