オススメ度の基準の迷い

 今日の1ページは西区の比良六所神社
 久しぶりにオススメ度「**」の神社だった。
 このオススメ度の基準が自分でもよく分からなくなっている。「***」は、熱田神宮若宮八幡社片山神社と決まっていて、それ以外は「**」にして、小さな社は「*」にするつもりでいた。
 けど、この神社は「**」もないから「*」でいいかとやっていたら、いつの間にかほとんどの神社が「*」になっていた。最初に「**」を付けたところはあとから修正した方がよさそうだ。
 基準は神社を訪れて感じるよさなのか、その神社が持っている歴史やエピソード次第なのか、その両方を併せたものなのか、どうしたものか。
 式内社とされる神社に「*」は失礼とも思うのだけど、「**」を付けるほどオススメしたくないと思えば「*」になる。
 とりあえず感覚的に付けていって、最終的に全部見直してやり直すしかないかもしれない。そもそもこれが必要かどうかという問題もある。
 そのうちに無印も出てくるだろうから、そのときにあらためてこのことは考えることにしよう。

 名古屋市内の六所社コンプリートまであとひと息のところまできた。残すは北区光音寺町の六所社だけだと思う。まだここは行っていないので、近いうちに訪ねて、やっかいな六所社をいったん終わらせてしまいたい。 



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up