神社側の気持ち

 今日の1ページは中村区日吉町の素盞男神社
 東区、千種区由来のスサノオ神社の中の一社だったのに、すごいところに引っ越して他のスサノオ社とはまったく違う神社人生を歩むことになったといった感じだろうか。
 神社側の立場になって考えたとき、自分の希望とは関係なく知らない土地に持っていかれてしまうことの戸惑いとか納得いかない感じとかもあるんじゃないかと思ったりもする。
 中には自分が望んでそこへ移った神社もあったかもしれないけれど。

 中村区にはもう一社、須佐之男神社がある。そこが終わると、名古屋市内のスサノオ神社はすべて回ったことになるんじゃないかと思う。他の区にもまだ私が知らないスサノオ神社があるのだろうか。
 スサノオとはだいぶお近づきになれた気がする。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up