飛地境内社って

 今日の1ページは中川区の白山社・秋葉社(伏屋)
 近くにある七所神社の飛地境内社とのことだ。
 飛地境内社というのはたまにあるけど、これも名古屋南西部の神社の特徴のひとつだろうか。名古屋北東部では多くない。
 移して合祀もせず、そのまま独立させてもおかず、一種の妥協案みたいなものと考えていいだろうか。
 氏子さんや参拝者にしてみれば、そこが別の神社の飛地境内社であることはあまり関係がない気がする。移してなくなってしまえば参りたくても参れなくなってしまう。
 飛地境内社にすることで双方丸く収まるなら、それはそれで上手い案だと思う。
 今後も南西エリアの神社で飛地境内社の話はちょくちょく出てくることになりそうだ。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up