なんでもありなのだ

 今日の1ページは中川区の七所社(千音寺稲屋)
 名古屋北西部に六所社という謎があるように、南西部には七所社という謎がある。
 七所社の方は熱田神宮に近そうだというとっかかりはあるのだけど、そこから先へ進めない。まったく分からない六所社に対して、分かるようで分からない七所社という言い方ができるだろうか。
 できれば大治町の七所神社も行っておいた方がよさそうだ。

 名古屋南西部の神社めぐりをして一番よかったのが、神社に対して寛容になれたことだ。
 神社とはこうでなくてはいけないといった変な思い込みがあったのだけど、南西エリアのいろんな神社を見ていくうちに、これもありでしょう、じゃああれもありじゃん、となっていき、結局なんでもありなんだなと思えるようになった。
 歴史がすべてではないし、社殿の様式にこだわる必要もないのかもしれない。今あるありのままの姿がその神社が辿ってきた歴史であり、我々はそれをそのまま受け入れればいいのだろう。
 神明社は面白みがないとか、南西エリアは歴史が浅い土地だからいい神社は少ないだろうなどという間違った先入観も完全に吹き飛んだ。南西エリアの神社は面白い。いい神社もたくさんある。
 そのことを知ることができただけでもこのサイトを作ったかいがあったというものだ。
 まだまだ紹介したい神社だらけなので、私自身も楽しみつつ、ページ作りをしていきたいと思っている。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up