エピソードのある神社

 今日の1ページは中村区の下中八幡宮
 歴史上の有名人が関わったとされる神社はけっこう好きだ。それが嘘や作り話だったとしても、そこには何かしらの真実がある。そういう話が生まれ、語り継がれてきたということに意味がある。
 鎮西八郎が創建に関わったという話は突拍子もないけど、ここ以外にも名古屋に鎮西八郎の伝承が残るということは、何かそれの元になるようなエピソードがあったんじゃないかと思わせる。
 秀吉の母が安産祈願をしたという話は充分あり得ると思う。戦国時代とはいえというか、戦国時代だからこそというか、子供は必要であり宝でもあっただろうから、神社にお参りしたには違いなく、下中八幡宮のそばに住んでいたとすれば当然ここに参っただろう。
 ただこの神社、伝承が多い割に実態がよく分からないところだ。創建された年代も予想が難しい。
 分からないなら分からないでかまわないといえばかまわないのだけど。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up