江戸期なごやアトラス

 今日の1ページは中川区の小塚町若宮八幡社
 怨霊化しないために何者かを祀ったのが小塚村の若宮だなどと、どこにも書かれていないのだけど、そうであるかもしれないという可能性はあると思う。
 もちろん、的外れかもしれない。

 名古屋市総務局『江戸期なごやアトラス』という小冊子を図書館で借りた。
 データを視覚化するというのはいい試みだと思うけど、期待しているのとは少し違っていた。江戸時代の地図と現代の地図を対比するようなものだとよかった。
 ただ、江戸期名古屋の村分布図はありがたい。これは村の位置と村の境界を知るために役に立つ。
 地図が小さいのが難点なので、A3に拡大コピーして使うことにしよう。
 値段が書いてないから非売品だろうか。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up