感覚優先で知識は後

 今日の1ページは熱田区の鈴之御前社
 何の知識もないまま神社に行って、まっさらな状態のまま現地で肌で感じて、帰ってきてからその神社について調べて書くというのがいい。
 情報を入れてから出向いていくと、どうしてもその情報に感覚を合わせてしまいがちになる。祭神や由緒を知った上で行った方が気づくことがあるといえばそうなのだけど、それよりも自分の純粋な感覚を大事にしたいという思いの方が強い。
 鈴之御前社もそうで、知らないまま行ってよかった。知識がある状態で行っていたら全然違う感想を抱いたはずで、それはたぶんつまらなかった。なんかここ変わってて不思議だなぁという感触は、知らないからこそ出てきたものだ。その印象が残った。
 気に入った神社で何度も行きたくなるところと、一度きりにしておきたいところがある。鈴之御前社は後者だ。たぶん、二度目はそんなにいいと思わないだろうから、最初の記憶を持っておきたい。一度で充分というのとは違う。
 これを読んでいる人に今更言っても遅いのだろうけど、鈴之御前社は予備知識なしに出向くことをおすすめしたい。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up