ようやく半分ちょっとか

 今日の1ページは瑞穂区の直来神社(直會社)
 直来というのは神事につきものなので、それにまつわる神社もそれなりにありそうなのに、実際はごく少ない。名古屋市内で直来やそれに類する名称の神社はここだけかもしれない。尾張旭市に直来神社があってそこは行ったことがある。
 しかし、瑞穂区の直来神社は、神事の直来とはどうやら関係がなさそうだ。のうらいに直會の字を当てたというのが実際のところだったんじゃないかと思う。
 のうらい、もしくはにょうらいの由来はよく分からない。
 かつら姫の伝承があって神社が創建されたのではなく、何らかの社が先にあって、あとからかつら姫の伝承がくっついたという流れじゃないだろうか。
 もし、かつら姫に関わる神社であれば、かつら神社といった名称であってもよかった。
 祭神が龍神だから、のうらいの由来もそこから来ているのかもしれない。

 神社サイトを始めて神社に対する視野が広がった。古い歴史を持つ立派な神社も確かに素晴らしいのだけど、民間信仰から発した街中の小さな神社も素敵だと素直に思えるようになった。
 知識が増えたことよりも、幅広くすべての神社に対して共感的になれたことが一番の収穫だ。
 そのことに気づかせてくれた神友の存在も大きい。

 サイト制作開始から完成までを俯瞰すると、ようやく半分を過ぎたあたりだろうか。
 登録社数でいえば3分の2くらいは来ているかもしれないけど、少なくとももう一周は見直し作業をしないといけないから、そう簡単には終わらない。
 名古屋市内が終われば名古屋市外もある。気持ちが続く限り、終わりはない。
 始める前はこんな大がかりなことになるとは思ってなかった。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up