名前に神社が隠れてしまう

 今日の1ページは天白区の島田神社
 島田にあるから島田神社としたのは理解できるのだけど、熊野の名前を残しておかないとどんな神社か分からなくなってしまう。島田熊野神社でよかったんじゃないのか。
 一般の人が事解之男命、速玉之男命、伊邪那岐命、伊邪那美命という祭神の顔ぶれを見て、これは熊野だなとピンと来るかといえば来ないはずだ。
 熊野と分かったからといってどうにかなるものじゃないといえばそうなのだけど、どんな神に対して参拝しているのか分かっているのと分かっていないのとでは多少なりとも違いはある。
 参拝する側の無自覚というのはあるにしても、参拝者に対する親切心や思いやりが足りない神社がけっこう多いように感じる。島田神社が特にそうというわけではないけれど。

 島田村の神社は、ここ熊野権現と若宮と神明で、神明はすでに合祀されてしまってないので、あとは若宮が元になっている菅田神社ということになる。これがまたよく分からない神社だ。
 島田城跡に祀られている牧氏の神社もあるので、それをあわせて島田三社セットで紹介することにしたい。