総合理解が必要

 今日の更新は2ページ。南区源兵衛町の三吉稲荷大明神、南区源兵衛町1の不明社

 名古屋の新田について少しずつ位置関係や歴史が分かってきたのだけど、まだまだ全体像は把握できていない。神社について調べていく中で理解していくしかない。
 港区などはたぶん全域が江戸時代以降の干拓と埋め立てによってできた土地だから、そのあたりの歴史的な流れも理解しておかないといけない。
 ようやく台地の状況と古墳の分布がある程度見えてきた。直接神社には関係なくても間接的には関係してくる。
 地理に関してはこれまであまり興味がなかったのだけど、神社絡みで興味が出てきて少しずつ分かってきたことは収穫だった。
 古い街道がどこを通っていたかを知っておくことも大切だし、村がどんなふうだったかも知っておきたい。
 年表を追っただけでは神社の歴史を理解したことにはならない。
 時間的、空間的、人的な総合認識が必要だ。