草薙剣ってなんだよと思う

 今日の1ページは南区鳥栖の八劔社
 熱田神宮関連は難しくていけない。
 そう心の中でぼやきながら書いていた。
 実際、熱田神宮は難しい。データはたくさんあるのによく分からない部分が多すぎる。そしてすごく複雑だ。話が込み入っている。
 尾張氏とヤマトタケルのことだけでなく、今回も登場した草薙剣の存在がやっかいだ。八劔社の正体もよく分からない。
 熱田神宮はできれば避けて通りたいところだけどそうもいかない。名古屋の神社の中心的な存在である熱田神宮を理解しなければ他の神社も理解できない面がある。

 鳥栖八劔社の縁起をどう捉えればいいだろう。もちろん、額面通りには受け取れない。ただ、まったくの作り話とも思えず、話の元になる出来事があったのだと思う。
 それを解き明かすには草薙剣とは何かということを解明しなければならず、それは私の手には負えない。
 鳥居山で平将門調伏の祈祷をしたとか、盗まれた草薙剣の代わりをここで造ったとか、熱田と笠寺台地の勢力との関係性も気になるところだ。
 今のところまだ分からないことだらけだけど、少しずつ理解を深めて真相に近づいていけるようにしたい。
 ずっと放置したままになっている熱田神宮関連神社も逃げずにやらないといけない。