名古屋最古の秋葉社は?

 今日の1ページは南区松城町の秋葉神社
 笠松町松原の秋葉神社といった方がいいのかもしれない。
 7つの区域でそれぞれ秋葉神社を祀っていたというのなら、みんなでそうしようと相談して決めた結果なのだろう。
 おそらく江戸時代だと思うけど、前期なのか中期なのか。後期ではないんじゃないか。
 江戸時代より前に秋葉権現を勧請して祀った例というのはあるのだろうか。その点についてこれまで考えたことがなかったので調べていない。今後、秋葉社を調べる中で明らかにできるものならしたい。名古屋最古の秋葉社はどこなのか。

 南区の残りはまだ30社近くある。一日一社では3月中に終わらない。書くことが少ないものについては一日2ページやらないといけない。
 緑区もなかなか手強そうで、港区をいつ始められるか今のところ未定だ。
 南西エリアの神社めぐりを始めたのが去年2017年の4月だから、あれからもう一年近く経ってまだ港区に入れていないとは。
 頑張ろう。地道に。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up