コンテンツキャッシュ機能とプラグインキャッシュの併用

 今日の1ページは南区戸部下の神明社
『愛知縣神社名鑑』は創建は明かではないとしているけど、戸部下新田の成立年は公式記録に残っているし、そこの氏神なのだからちょっと調べれば分かることなのに、はなから調べる気がないのか、こういう投げやりとも思える記述がちょくちょくある。
 不明なものは不明で仕方がないし、はっきりしないことを無責任に書くわけにはいかないのは分かるけど、『尾張志』や『尾張徇行記』だって必ずしも正確ではないわけで、そこからの引用を是とするなら記録になくても言い伝え程度でも書いておく価値があると思うのだけどどうだろう。
『愛知縣神社名鑑』の改訂版を出すのはなかなか難しいにしても、愛知県神社庁のサイトくらいはいつでも直せる。旧住所をそのままにしている部分が多すぎて、住所から場所を調べようにも調べられなかったりするから、せめてそこくらいは直してほしい。

 ロリポップのコンテンツキャッシュ機能は、一度訪問した人にしか効果がないということで、初訪問の人は遅いままということが判明した。
 なので、ワードプレスのプラグインのWP Fastest Cacheをもう一度有効にしてみた。今のところ併用しても弊害はなさそうだ。
 多少読み込みが早くなった気がするけど気のせいかもしれない。せめてあとワンテンポ早く反応して欲しいのだけど。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up