少し分かってきた御嶽教

 今日の1ページは緑区大高町元屋敷の御嶽社
 御嶽信仰から御嶽講社、御嶽教への流れをようやく少し理解した。霊神や霊神碑についてもなるほどそういうことかと納得した。
 何も知らないまま岩崎御嶽山に行ってしまったときは恐ろしすぎてひるんだけど、今ならそんなことはない(と思う)。独特の世界観にも馴染みつつある。
 御嶽教以外の神道十三派についてももう少し知っておきたい気持ちになっている。

 緑区はまだかなり残しているのだけど、ここでいったん中断となる。緑区の神社めぐり再開はゴールデンウィーク明けになりそうだ。
 それまでは守山区や西区でつないでおく。北東エリアについても少しずつ進めていって、終わるところは終わらせてしまいたい。ちょっとずつ残しているのは気分的にもすっきりしない。
 今のところ終わった区は、昭和区、中川区、南区の三区だけだ。中村区あたりは終わったつもりでいたら取りこぼしがあった。
 一周目の完了を最大延長して7月末と考えていたけど、あとひと月くらい延長しないといけないようだ。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up