最後までやりきってこそ

 今日の1ページは南区豊2の神明社
 伝馬神明社と称しているようだけど、伝馬というと熱田のイメージが強くて、熱田区伝馬3丁目にも神明社があるので豊2の神明社としておく。
 江戸時代はいろんな人たちが新田開発に絡んでいて、神官なども一枚噛んでたりする。自分も一儲けしようと思ったのか、藩から命じられたのか、社会貢献の一環なのか、理由はそれぞれなのだろうけど、そんな思惑を超えて新田開発は困難を極めたようだ。金を出しさえすればできるというものでもなかった。

 南区を再開させて、このまま最後までやりきってしまいたい。もうずいぶん南区もやった気がする。中川区ほどではないにしても、だいぶかかった。
 名古屋中の神社を巡るということは名古屋中を巡るということで、これまで知らなかった多くの場所を訪れることになった。中川区、南区とこんなに馴染みになるとは思ってもみなかった。神社サイトをやらなければずっと近くて遠い名古屋のままだった。
 名古屋市内の神社のデータベースを作っておこうという軽い気持ちで始めたこのサイトが私にもたらしてくれたものは決して小さくない。完成させることが恩返しになると思うので、最後までやりきりたい。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up