新しい神社ほど意外と分からない

 今日の更新は2ページ。港区築三町の築三神社、港区中川本町の金比羅大権言社
 港区は南部の名古屋港エリアは町名神社が多い。町名にするのはいいのだけど、何の説明もないと知るための手がかりが見つけられずに困る。
 北部は江戸時代以降の歴史があるので、ある程度調べやすい。
 新しい神社の方が情報がたくさん得られるだろうと思うと意外とそうでもなくて、昭和に創建された神社は分かることは少なかったりする。
 港区の神社で、神社本庁に属している神社とそうでない神社は半々くらいだろうか。入っていないと更に情報が得がたくなる。

 港区もだんだん軌道に乗ってきて登録社数も増えてきた。港区をある程度やれば、名古屋市全体を網羅したといっていい。少なくとも空白地帯はなくなってきた。
 休まず続けていればいつかは終わる。終わりがあらたな始まりでもあるのだけど。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up