やっぱり不明社も全部回れってこと?

 今日の1ページは西区新道の天王社
 西区は多くの屋根神様が現存しているところではあるけど、ここ数年の間にも廃止になっているところが何社もあるようなので、いつまで持つか分からない。増えることはないから減る一方で、その速度は思っているよりも速い。人知れず消えていく。それを気にする人は少ないだろう。
 この新道の天王社くらいしっかりしたものにしておくと消える心配は少ないと思う。ここは特にきれいにしているからお世話をしている人がしっかりしているのだろう。
 とはいえ、お世話をしていた人ができなくなると、それは神社にとって死活問題で、後継者が見つからなければそのまま廃社という可能性も出てくる。決して安泰ではないのが小さな神社の宿命だ。
 そういうことを考えると、今あるものはたとえ名もなき小さな社でも記録として残しておく必要があるんじゃないかと思えてくる。不明社はいいやというわけにはいかないんじゃないのかと。
 心に引っかかっているものは、向こうが呼んでいるという証拠かもしれない。そうなると、西区の屋根神様と守山区の天王社はできる限り回らないといけないということになる。
 ちょっと考えさせてください。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up