港区はちょっと中断

 今日の1ページは中村区中村町高畑の八幡社
 この八幡社についてはよく分からないとしか言いようがない。江戸期の書にある上中村のもう一社の八幡社がこの八幡社のことを指しているかどうかの確信が持てない。
 加藤清正云々というのは後付けの伝承だろう。実際に清正が関わっていたとすれば、江戸期の尾張の地誌などに書かれているはずで、書かれていないとすればそういうことはなかったという可能性が高い。
 名古屋における加藤清正のはっきりした記録としては、名古屋城築城にまつわることがほとんどで、それ以外はあまりない。
 幼い頃に移り住んだ津島に足跡は残っているのだろうか。

 港区の途中だけど港区のネタ切れで(不明社が一社残っている)、ちょっとしばらく寄り道となる。他の区も同時に進めていかないといけない。
 港区の残りはあと一回か二回で一気に回って、その後に最後までやりきってしまえればと思っている。
 名もない小さな社やお寺関連の社に関しては、港区でも扱わないことを基本とする。
 行きがかり上、名前も分からない小さな社も登録してきたけど、そこまでのコンプリートには固執しない。
 神社と名の付くところはできればすべて登録したい。その他の小さな社は成り行き任せで、呼ばれたら行くくらいの気持ちでいる。呼ばれなくてもときどきこちらから行ったりもする。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up