本当であって欲しいけど

 今日の1ページは港区船頭場の白山社
 荒子観音の鎮守だったのが中島新田村を経て江戸時代中期に東福田新田にやって来たというのは本当だろうか。半信半疑ではあるのだけど、本当ならいい話だ。事実であって欲しいとも思う。もし裏付ける何かがあるのであれば、港区は大いに宣伝していいくらいだ。
 それにしても、『尾張志』や『尾張徇行記』にこの白山社が載っていないのは気になる。ここに載っていたらそのまま信じられたのだけど。

 東福田新田の集落についてはある程度掴めたのだけど、江戸期の神社と現在の神社が結びつかないままだ。ミッシングリンクともいうべき空白がある。熱田大明神二社は何神社になったのか。廃社か合祀になったのか名前を変えたのか。
 この先も東福田新田の神社がもう少し続く。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up