総括するにはまだ早い

 今日の1ページは港区秋葉の秋葉社
 小賀須の秋葉社もけっこう大きいけど、秋葉の秋葉社はそれよりずっと立派な神社だ。規模でいうと名古屋一の秋葉社かもしれない。指定村社だった秋葉社はたぶんここだけだと思う。
 それにしては創建のいきさつが一切分からないというのは気になる。もともとは小さな祠程度だったのが、どこかで社殿を持つ秋葉社に成長したということだろうか。何かきっかけがあったのか、少しずつ大きくなっていったのか。

 区別の総まとめは必ずやらないといけないことだけど、神社別の総括もしておくべきだろう。
 名古屋の神社を全部回った上で、名古屋市内の神社を俯瞰してみたとき、初めて見えてくる傾向といったものがあるはずで、どこかが欠けると、その見立ては不完全なものになってしまう。
 もう8割方回ってある程度は見えたつもりでいるけど、緑区の大部分が自分の中で白地図状態なので、まだ総括するには早い。緑区も独特なので、そこを抜きに名古屋の神社は語れない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up