ベース作り

 今日の1ページは昭和区北山本町の不明社
 昭和30年頃まで茶碗屋さんの屋根神様として祀っていたという経歴がはっきりしているのがいい。祀っているのも、氏神の御器所八幡宮と、屋根神様としては定番の熱田・秋葉・津島に伊勢神宮をプラスしているということも分かっている。

 私がこの神社サイトを作ろうと思い立ったのは、個別に神社を調べているときにこの程度の情報すらネットに載っていなかったからだった。
 たいていのことは検索すれば分かると思っていたのに、マイナーな神社についてのネット情報はスカスカの穴だらけで、知りたい情報が全然得られない。
 しょうがいないから自分がやるかと思い立って今に至っている。当初は、とりあえず名古屋市内の神社を網羅した一覧表を作るというのが目的だった。
 情報量についてはまだまだ必要充分とはいえないのだけど、ベースとなるものはできつつあると思っている。ひとりで完成させることは難しいから、後に続く人に引き継いでもらえればいい。
 私自身、もう少し肉付けはできるはずだから、さらなる充実を目指したい。
 まだ先は長い。

スポンサーリンク

2件のコメント

    1. >nagoya-jpさん

       こんにちは。

       この前の台風はやっぱり被害が出ているところがあるのですね。
       鳥居が倒れたところがあるという話も聞きました。
       社殿は古いものが多いから、思っている以上に被災したところがありそうだ。

       北山本町2丁目にも屋根神様があったんですか。
       屋根神様も小社も近年どんどん数を減らしてるようですね。
       そう思うと、小さなところでも今のうちに回っておかなければと思いつつ、西区の屋根神様と守山区の天王社は回りきれないかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up