論調の変更

 二周目の直しは天白区の中山神社御嶽神社(平針)

 中山神社に関しては追記した分があったので、その部分を本編に組み込むために全体を直した。
 どういう神社か分からないという論調で書いた文章に後から分かったことを組み込むのは意外と難しい。分からないという前提がひっくり返ってしまうので、あらためて分かっている部分と分からない部分を書き分ける必要が出てくる。もちろん、少しでも多くのことが分かった方が望ましいには違いないのだけど。
 御嶽神社(平針)についてもかなり加筆訂正した。不要な部分を削ることも直しの一環だ。

 このまま天白区の修正を最後までやってしまうことにする。図書館で『天白区の歴史』を借りてこないといけない。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up