清正はもはや熊本の人

 二周目の直しは、中村区の八幡社(中村公園内)天王社(名駅5)

 名古屋としても中村区としても加藤清正をもっと大事にした方がいいんじゃないかと思うけど、加藤清正に関する伝承のたぐいはあまり信じられない。八幡社創建の話にしてもつじつまが合わない。
 はっきりしているのは中村生まれということや幼い頃から秀吉と知り合いだったことくらいじゃないのか。生誕地にしても言われている場所そうだったかどうか定かではない。
 それにしても、清正はすっかり熊本に取られてしまった感が強い。もはや名古屋や中村がいくら頑張っても清正を熊本から取り戻すことは出来そうにない。
 名古屋城天守の木造再建に伴って天守の石垣を築いた清正に光が当たるといいのだけど。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up