削ることも直しの内

 二周目の直しは、中川区の天神社(千音寺)熱田社(島井町)

 千音寺は古墳時代から中世まで続く遺跡が見つかっている土地なので歴史は古く重要度も高い。そういったところにある天神社だから、古くからの一族が祀った神社の可能性がある。祭神がアメノホヒとなれば出雲族かもしれない。
 千音寺村にあった赤星神社も七所神社も由緒がありそうで、千音寺村というのはどんな村だったのだろうと思う。

 島井町の熱田社は、神社本庁と都道府県本庁と宗教法人について書いた部分をすべて削除した。私自身の理解不足もあって説明が分かりづらかったので、いったん消して、また機会があれば書き直したい。もしくは、神社コラムの中で一度きちんと書いておいた方がいいかもしれない。
 神社コラムをいつ始められるかまだ未定なのだけど。

 名古屋遺跡マップ作りのペースも分かってきたので毎日やれるだけやっていくだけだ。

 来年6月の神社検定壱級に向けて少し前から受験勉強を始めた。まだ少しずつではあるけど、少しずつでもやっていかないと間に合わない。壱級は本当にちゃんと勉強しないと受からない。
 テキストの内容も弐級用と比べて格段に難しくなっているので読むだけでもひと苦労だ。内容が楽しくない。
 設定を90点以上にした。それ未満なら自分自身合格と認めない。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up