尾張氏の神社が少なすぎる

 神様事典(名古屋編)の追加。一神様。

 天火明とその子の天香具山は尾張氏の祖とされているわりには尾張にホアカリとカグヤマを祀る神社は少ない。これはどうしてだろう。カグヤマの子の天村雲になると、祀っている神社は一社もない。どうにも不思議だし理解できない。
 熱田神宮のページでも、天火明が一宮なら、二宮は天香久山で、三宮は天村雲ではないかという推測を書いたのだけど、それにしても尾張氏の祖神はあまりにも祀られていないように思う。隠されたのか、忘れられたのか、もともと祀られなかったのか。
 そもそもはっきり尾張氏の神社と断定できる神社も少ない。熱田神宮やその摂社はそうだとして、他は高座結御子神社とか、氷上姉子神社とか、尾張戸神社くらいだ。時の流れの中で尾張氏が力を失っていった結果ということなのか。
 熱田神宮については現状で書けるだけのことは書いたつもりだけど、尾張氏と関係神社についての考察は今後も続く。答えはそう簡単には見つからない。
 尾張氏一族という狭い視野で考えると見えるものも見えなくなってしまうのだろう。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up