真敷刀俾はどんな人だったのか

 神様事典(名古屋編)の追加。一神様。

 真敷刀俾について、尾張大印岐の娘で、乎止与の妻で、建稲種命と宮簀媛命の母という説明は必ずあるのだけど、では真敷刀俾本人はどういう人だったのかというと、これがまったく伝わっていない。もともとどこの出身で、乎止与一家とどこに住んでいたのかもよく分からない。伝わっているようで実際は何も伝わっていないに等しい。
 名前だけでも残れば幸運だなどとは思わない。乎止与についてもそうだけど、真敷刀俾についてももう少し何か伝わっていればよかったのにと思う。
 下知我麻神社の扱いに関しても、あれで充分とは思えない。

 神様事典はこの後、建稲種命、宮簀媛命、日本武という順番で書いていく予定なのだけど、乎止与ファミリーについては結局よく分からないという結論になりそうだ。

 グローバルメニューの五十音順並べ替えは、北区、東区、守山区をやった。
 マウスに問題がなくなったので作業が楽になった。
 チャタリングもやっかいだけど、ドラッグがままならないほどいらつくことはない。マウスの大切さをあらためて思う。

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up